住まい手さん宅訪問記

アットホームです!「どいペットクリニック」 手作りの暖かさが伝わるペットクリニック。
(自宅兼用ペットクリニック)

育暮家さんと交わした誓い書に、大切にしたいこと「自然体」私たちの暮らし方「楽」としたためた。
家を建てるにあたり、知らないことが多くて、色々と勉強した。
家の構造や材料のこと、資金のこと、保険のこと、法的な手続きのことなど。
それは未知の世界であり、好奇心を煽ることばかりだった。
交渉したり、法務局へ何度も出かけて登記申請したり、本当に楽しくいろいろなことを経験し学んだ。

外観

和室

リビング

自分の家をつくろうと標榜する育暮家さんは、いろいろなチャレンジを与えてくれる存在であり、行くたびになんとなくワクワクする不思議な会社だ。
小さい企業だけれどフィードフォワードとフィードバックがしっかりしていること、透明性、言葉の信頼が依頼する決め手になったのだと思う。
50年100年保障はないけれど、しっかり作りこんである育暮家の木の家は安心感を与えてくれる。この家なら自分たちが主体性をもって家を見ていけば100年は持つと思う。
「楽」を詰め込んだ私の家がようやく形になった。

ペットクリニック

2年を経て「人とペットの自然なくらしをささえたい」という病院コンセプトをかかげ、
自宅と併設した動物病院を開業。
飼い主さんとのコミュニケーションを重視した診療をこころがけています。

クリニック入り口

表の看板は手作り、絵は当時幼稚園だったうちの子供がはじめて犬を飼いはじめたときにかいた絵です。見ているだけでもなんだか楽しそうです。
いつまでも人とペットがこんな関係でいられたら素敵ですね。受け付けのカルテ棚に小さな紙切れに描かれた原画を大切にかざっています。

診察台

h_border

OMソーラーシステム・木造軸組み強化構造
敷地面積/約62坪・延床面積/約45坪