住まい手さん宅訪問記

ぬくもりのある木の家に二世帯で住む あれやこれやと悩み、
ひとつひとつ決めていく作業がとても楽しい。

外観

古い家を取り壊してから約9ヶ月。
これまでにいろいろなことがありました。
ほら貝を吹く音が遠くの家まで鳴り響く山伏さんによる地鎮祭、
雨が心配で何十年かぶりに作ったテルテル坊主が見守る建前、
自分たちが住む大井川の木を見に行った山行き、
幻想的な世界を体験できた山の沢工房の蛍鑑賞会、
毎回テーマを決めてプランの参考にさせていただいた内覧会などなど…
決して短い工期ではなかったが、
実感ではアッと言う間でした。
家の様子 わが家ができていく間に、
あれやこれやと悩み、ひとつひとつ決めていく作業がとても楽しく本当に充実していました。
考えるのが楽しくて仕方ありませんでした。
そんな楽しみを与えてくれた育暮家さん、
本当にありがとうございました。
「住む」ことにまじめで一生懸命取り組む育暮家さんをはじめ、
気さくで頼もしい職人さんたちと出会えたことを大変感謝しております。

家の様子

何はともあれ、これからが育暮家の本番です。
皆さん、お近くにお立ち寄りの際は、是非、わが家に遊びに来てください。
少しでも育暮家ができていけるようはんばります。見守っていてください。

h_border木造軸組み強化構造
敷地面積/約78坪・延床面積/約51坪