私達がパッシブデザインを
大切にする理由

自然が導く居心地のいいくらし

南側のデッキの上にすだれが置かれ、夏の涼しさを生み出しています。(平島の家より)

南側のデッキの上にすだれが置かれ、夏の涼しさを生み出しています。(平島の家より)

ユネスコ無形文化遺産に和食や和紙が登録されたとき、日本人であることに「うれしさ」を感じました。

日本には四季を楽しみ、暮らしに活かす住文化があります。その地域や季節とある日本の暮らし文化から和食や和紙が生まれてきました。

そのように書いてからはや5年経ちますが、うれしいことがまた起こりそうです。

和食や和紙に続いて、日本の伝統木造技術がユネスコ無形文化遺産に登録されようとしています。2020年には森林面積で世界の誇る木の国、日本で磨かれてきた伝統的木造技術が評価されそうなのです。

ユネスコ無形文化遺産は6つの選考基準で評価されるようですが、6つ目の基準に「消滅の危険性」とあり、これにも該当する事でもあるのでうれしさも複雑です。大丈夫です。和紙や和食と同様にこれを機会にみんなの誇りにつながってその危険性は薄らいでいくことと期待します。

伝統技術といえば私たちが大切にするパッシブデザインも該当するのではないでしょうか。日本の気候風土に合わせて住まいや暮らし方を育む。自然と共に家も暮らしも考える日本の家づくりの知恵がそこにあります。私たちがパッシブデザインを学ぶとき、伝統的住まいがお手本になる事も多いと思います。

でも最近心配もあります。近年、家の断熱性能や住宅設備がハイピッチで向上しています。それは家のつくり方の優先順序を狂わせ、知らず知らずのうちに今まであった暮らしの知恵(パッシブデザイン)を見失っていくような気がするのです。

家の断熱性能が向上すると室内環境はエアコン等でコントロールしやすくなります。それは安定した室温で暮らせることで、健康面や省エネにもいい効果を生みます。一方、難しいなあと感じることに、何が当たり前で何が自然なのかが見えずらくなっていくことです。

例えば、窓の性能や機能が変わっていく中で、設備を効果的に使うために窓を閉じたままが普通になり、開閉する事を忘れそうです。日本人が大切にしてきた自然と共にある暮らしが遠のいてしまうのではないかと気にかかります。

とは言え、このところの気候変動による気温変化や自然災害も容赦ありません。住まいのあり方にも変化を求められます。それだけに自然と応答させながら住まいを快適する「パッシブデザインの知恵」はますます大事になったと思います。

太陽や風を暮らしの一部とし、自然の恵みと力を生かす知恵や技術を活用したうえで、新しい技術と連携すれば、きっと居心地のいい新たな伝統的な日本のわが家が実現すると信じています。パッシブデザインの家づくり是非、ご一緒させて下さい。

パッシブデザインとは何か?

パッシブデザインとは、建物に採り入れられる自然エネルギーを最大限に生かし、
人が本質的に望む「心地よさ」を生み出すための設計手法を意味します。

四季を通じて太陽の光があらゆる場所に降り注ぎ、窓を開ければどの部屋にも心地よい風が通り抜け、寒い冬の日でも、晴れていれば太陽の熱によって夜中までポカポカと暖かく、夏の暑い日でも土蔵の中にいるようなひんやりとした感覚が得られるような住まい。 こうした住まいを生み出すことを目指す設計技術がパッシブデザインです。

わが国特有の豊かな四季を感じながら、
しかも過酷な夏や冬をうまくやり過ごすことができる住まいは、
私たち日本人の多くが実現させたいと思うものでしょう。

passive_img_02

しかし、このパッシブデザインは非常に奥が深く、太陽エネルギーや風、熱や温度、人が感じる心地よさなどについて、十分な知識をもっていなければ実現できません。建物を外界から遮断し、機械に頼る発想で快適性を実現させようとするものではないからです。建物そのものが、心地よさを生み出す装置になっていなければならないからです。

もしパッシブデザインが十分に実現されたとき、その住まいには「自然な心地よさ」が創出されます。夏の森林や春の高原といった、自然環境の中にある心地よい場所と時間が建物の中に生み出されてくるのです。

パッシブデザインを もっとわかりやすく解説する本

パッシブデザインについて私達の家づくりを例にとって分かりやすく解説しました。家づくりを始める前に是非目を通してほしい本です。
パッシブデザイン普及で全国を飛び回る野池政弘さんと一緒につくりました。

パッシブデザインBOOK をご希望の方はこちらから
育暮家 パッシブデザイン BOOK

パッシブデザインをさらに詳しく知る