2018.06.07.木 育暮家2つのホームページ

IMG_8883

先日、すろーかる7月号の取材で焼津三ケ名の家を訪問しました。

建て替えし10年以上経過した家の周りの木々も成長し、中には大きくなりすぎてやむなく伐採された木もあります。

雨ざらしだった初代ウッドデッキはメンテされて2代目に変わっています。

ご家族も10人増え、週末はとても賑やかなデッキライフになりました。

すろーかる7月号でそんなご家族をご紹介させていただきます。

そして、この虹とお孫さんを見守る住まい手さんの画像。

自然を愛するご家族のなかで実におおらかに育っていく子供たちに元気もらいました。

家が未来をつくるんだとも強く感じました。

 

さて、本題です。

家づくりの情報を求める場合、年齢を問わずインターネットからという方が一気に増えていると聞きます。

 

家はご近所の大工さんにお願いする。

私の住む家もそうして建てて頂きました。

そんなん身近な「口コミ」「紹介」を介する場合でも、インターネットで情報を確認してから相談に見える、が当たり前になっています。

 

そのような時代に私たちはどのように「私たちを知っていただくか」を考えなければならなくなりました。

ホームページは一つの有効手段です。

育暮家はいほーむすは、2つのHPで私たちの家づくりを紹介しています。

● 1つは 育暮家の全体をご紹介する 「総合ホームページ」

● 2つ目は 育暮家が力を注ぐ 「リフォーム・リノベーションの専用ホームページ」  です。

 

2つのホームページに分けたのはより分かりやすく、より専門的に情報の質を上げることを目標にしたからでした。

この先、私の小さな森の家専用ホームページ、省エネに関する専用ホームページとライフスタイルに関するホームページを増やしていきます。

情報が多様化する時代に「私にあった情報」を求められる方が増えている感じです。

情報収集端末も様々です。いかにお役に立てる情報をいかに発信、受信していただけるか、

どのように私たちと接点を持っていただけるかとみんなで知恵を絞ります。

 

実はそのインターネットの普及が工務店の仕事量を増やしています。

仕事のバランスを失うこともあります。

そこで忘れてはいけないのは、私たちの本業は住まいの現場にあるということです。

限られた時間をどこに重きを置くか

物づくりは常に現場第一でありたいと思います。

働き方改革が迫られるなか、家づくりの現場の在り方も変えていかなくてななりません。

「ひと手間をかける」ことでとてもよくなることが多い家づくり・・・

働き方改革の中「ひと手間のはざま」におかれている育暮家でもあります。

※「ひと手間のはざま」について次回のブログに書きたいと思います。

 

さてさて、小さな工務店の場合情報発信についてもそれが負担になってはいい情報が発信できません。

丁寧にかつ効率よくできるだけリアルな現場情報をみんなで

気持ちよくお伝えできればと思います。

 

ぜひ、2つの育暮家のホームページを往来してみてください。

育暮家らしく深堀された情報にたどり着いていただき(手前みそです)

これからも少しでも育暮家のHPがお役に立てたら幸いです。

 

ps、総合HPはスマーとフォン対応にはなっていません。

申し訳ないですがパソコンで見て頂くほうが見やすいです。

DSCF0300

 

 

 

 

 

Posted by sample5 2018/06/07/木 10:58 am Category:育暮家コーチ杉のfoot-path