2019.04.04.木 枕元(寝室)に温湿度計を置こう、そして家づくりでは寝室プランに時間をかけよう!

IMG_3547

4月に入って桜の開花も全国的に広がってきました。

「暖かくなったね」と言っていたらこの2,3日は寒さが戻ってきました。

調子くるいます。

布団も春モードにしかけたらそれではちょっと寒い。

最近20度近くあった寝室が15℃まで下がっていました。

ちなみにわが家の寝室は数年前のリフォームで次世代省エネ基準よりちょっと低い断熱レベルまで

上げてきたのですがもう一息改善が必要です。

 

今、健康と住まいの関係が次々と明らかにされています。

住宅内の室温の変化が居住者の健康に与える影響とは?
調査結果から得られつつある「新たな知見」について報告します
~断熱改修等による居住者の健康への影響調査 中間報告(第3回)~

この中にこんなことが書かれています。

1. 室温が年間を通じて安定している住宅では、居住者の血圧の季節差が顕著に小
さい。
2. 居住者の血圧は、部屋間の温度差が大きく、床近傍の室温が低い住宅で有意に
高い。
3. 断熱改修後に、居住者の起床時の最高血圧が有意に低下。
4. 室温が低い家では、コレステロール値が基準範囲を超える人、心電図の異常所
見がある人が有意に多い。
5. 就寝前の室温が低い住宅ほど、過活動膀胱症状を有する人が有意に多い。
断熱改修後に就寝前居間室温が上昇した住宅では、過活動膀胱症状が有意に緩
和。
6. 床近傍の室温が低い住宅では、様々な疾病・症状を有する人が有意に多い。
7. 断熱改修に伴う室温上昇によって暖房習慣が変化した住宅では、住宅内身体活
動時間が有意に増加。
※詳しくは、別紙2の資料をご参照下さい。

そうなんだ。

床に近い温度が適温(20度ぐらいかな)ほど健康にいいんだー。

畳に布団を敷いて寝ているわが家では興味あるデータです。

ちなみに今朝は

3333

15℃、湿度40%快適度のちょっと手前です。

一寸お知らせしたかったのは、温度のことより

寝室に「温湿度計を置くといいよね」ということです。

40歳過ぎると血管の伸縮がうまく出来なくなって、温度変化に体がスムースに反応できなくなるようですが

まずは、わが家の四季や1日の変化なかでの温度分布や変化を知ることで

何か対策ができそうだと思うのです。

特に無防備になりがちな寝室は温度知るポイントの部屋だと思うのです。

起床時の血圧上昇は寝室の温度に関係していることも知らされています。

住まいの新築、リフォームするとき、ダイニングやリビングのお話が中心になりますが

実は、人生100年時代では寝室についてももっと意見交換しながら、プランづくりを進めたた方が良いのだ!

と思ったのでした。

プランづくりの際、「わが家の寝室の温湿度こんなんです」と教えていただくととても参考になります。

お医者さんから「血圧図ったことありますか?」聞かれるイメージです。

そこから、現状を知ることが対策への1っ歩になるからですね。

 

ほんとうに日本の住宅は変化の中にあります。

私たちの学びと実践は尽きることがありません。ガンバです。

IMG_3503[1]

 

 

 

 

Posted by sample5 2019/04/04/木 10:55 am Category:育暮家コーチ杉のfoot-path