2018.08.09.木 育暮家事務スタッフの夏の現場便り 「大工さんが楽になったよ」

藤枝の現場では、屋根に断熱材が入って、大工さんが楽になったと

現場担当者が話していました。

1

それまでは野地合板がむき出しで、通気層を介しても屋根上の熱が

伝わってきていました。

「断熱材入れたら楽になったよ」と大工さん

確かに触ってみると熱いと感じない。

 

猛暑が続くとどうしても厚さの話題になります。

育暮家ハイホームスでは屋根の断熱、遮熱のレベルを今以上に

上げなければと考えています。

「夏対策はまず屋根の断熱を強化しましょう。」

お客様と打ち合わせの際には必ずお伝えしようとしています。

「天井ではなく、屋根に断熱を入れるのがポイントです。」

 

屋根の上では60℃近くになっている熱を

屋根の下では30℃になるくらいに熱をカットしたいよね。

これを断熱基準にしよう。

現在は熱抵抗値λを4.1以上としていますが

倍にしようかと

育暮家の技術スタッフが新たな標準化を検討しています。

2

ここの現場の屋根材はガルバリウム鋼板です。

屋根の色はシルバーです。

永嶋さん屋根

それは遮熱対策です。

 

大工さんたち職人さんが工事中にも気持ちよく働けるのも

夏も冬も断熱のおかげですね。

↓ こんなラインのやり取りが、現場担当者と大工さんとの間にあったのでした。

IMG_9639

残暑厳しそうです。職人さんたち頑張って。   okezawa

IMG_9604

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by sample5 2018/08/09/木 10:27 am Category:育暮家の日々・日常