2018.01.24.水 平屋の採光・パッシブデザイン

今日は温暖な静岡、藤枝でも雪がちらちらと降って来ました。

こんな日は家の中も暗くなりがちです。

気分もつられて暗くなりがち。

そんな時、暮らしの中心が明るいと気持ちがいいものです。

例えば、水気の多い洗濯コーナー。

ここに自然な光が入るといいですね。

下の写真は屋根からの採光が取れているところです。

DSCF5927

そしてここはトイレです。

ここにも屋根からの光を導いています。

DSCF5924

屋根からの光を取り入れやすいのが、平屋の家や、2階建ての平屋部分。

そこにはトップライトを設けることができるので、このように窓がない場所ができても

自然光の心地よさは取り入れることができます。

このようなこともパッシブデザインの一つです

もちろん、熱も逃げる場所になるので、断熱性能のいいトップライトを選びたいですね。

以前の既製品のトップライトは経年劣化で雨漏りリスクもありました。

最近のものは施工をしっかり行えば、かなり良くなりました。

トップライトを既製品の利用してつけると1箇所、周辺の防水工事、内装工事で

≒15万円くらい予算を見ておきましょう。

高い?うーーん。でも費用対効果は結構いいですよ。

暗い中ローカにはお奨めです。

寒さはまだまだ続きます。明るく行きましょう。

育暮家ハイホームス 寺坂

IMGP1289

Posted by sample5 2018/01/24/水 08:42 pm Category:設計・現場レポート