2020.08.19.水 女子事務スタッフのパッシブデザイン考・日射遮蔽について

育暮家の事務所南面にパッシブキャノピーと名付けた大庇がついています。

これが夏冬大活躍です。

IMG_1203

IMG_1195

冬はパッシブキャノピーのガラス部分を通して部屋の奥の方まで日差しが伸びて

部屋を暖めてくれます。

 

一方夏はこの庇の板張り部分が日差しを遮るので、部屋の中に日差しは入らず、

窓から風を取り込む事が出来ます。

太陽高度を利用しての工夫です。

IMG_1192

IMG_1194

上の2枚の写真は育暮家の8月現在の写真です。

パッシブキャノピーのおかげで日差しは部屋の中に入っていません。

日差しが遮られると、ホッとしますね。

もう一つお伝えしたいいい点が・・・

コロナ禍の中、換気のため窓は全開です!

ここで心配になるのが「ゲリラ雨」。突然ものすごいですよね。

そんな時このパッシブキャノピーの軒の深さが雨を遮ってくれて窓は解放したままでOK!

ほんといいです。

 

育暮家のパッシブデザインのページをご訪問ください

 

 

パッシブキャノピーから話が変わりますが、

こちらの写真は事務所南側の芝生駐車場です。

IMG_1198 IMG_1199

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側写真の中央下に写っている 緑と黒色の筒に見えるものは、庭用の散水栓(スプリンクラー)です。

散水栓の近くは芝生が何とか残っていますが、少し離れれると右の写真で

ご覧いただけるようにかなり枯れてしまっています。

※スプリンクラーは地下水利用です。ポンプは太陽光発電の電源です。

実は2つあるのですが、枯れている芝側が故障しているのです。

散水栓から離れるにつれて少しづつ水量が少なくなると、こんなに差が出てしまうんですね。

夏の厳しい暑さを実感します。7月まで元気だった植物もこの暑さで一気にまいってますね。

 

IMG_1181

芝生の横に暑いながらきれいに咲く赤い花に癒されます。

 

女子事務スタッフのパッシブデザイン・8月

Posted by sample5 2020/08/19/水 11:36 pm Category:育暮家の日々・日常