2019.12.20.金 大井川の森の木の家づくりを続けていく

PC110001

「私の小さな森の家」島田の家の2階です。

天井は勾配です。

見えているのは化粧タルキと化粧野地板です。

完成するとこれが天井となって、調湿効果を発揮したりやさしい雰囲気の空間をつくります。

屋根を支えるための垂木はこの上にあります。

断熱材があり、通気層があります。

PC110002

軒が低くなった部分は吹き抜けになります。

今は作業の安全性を高めるためふさいであります。

ここは高窓となって太陽の光を奥まで運びます。

COP25では森林の役割、CO2の固定化について確認されるのですが、

それも健全な森でなければ果たせない役割です。

 

私たちができることは、住まいの中に「森の役割」を持ち込むことです。

戦後、たくさん植えてしまって管理困難になって放置される森。

その森を元気にするために家庭でできることは

木の文化の再考ですね。

時代は次の世代に移っていきます。

森も次の世代の価値観の中で森の恵みが評価されます。

 

身近な森なのに遠い森。

育暮家では新築やリフォームの中にたくさんの大井川の森の木を使います。

それが次世代への何らかのメッセージにとなればうれしいなあ

と思いながら。

DSCN2653 DSCN2641

これは大井川の森の木で作った【森の卵】です。

ちょっと高くつきましたが

1つ¥1500(税別)です。よかったらいかがですか。

育暮家スタッフ

 

 

■ 1日だけの見学会が急遽実現しました。

  HPだけでのご案内です。  12月21日(土)のみ

詳細はこちらから

■ DSC_0071

 

Posted by sample5 2019/12/20/金 09:42 am Category:設計・現場レポート