2018.07.10.火 地元の木で自転車置き場をつくろう

雨にぬれている自転車を良く見かけます。チェーンも錆びるし何とか屋根下に入れたいですね。

自転車置き場といえば既製品のサイクルポートが出てきます。

もちろん、お手入れ不要のアルミ製の自転車置き場もいいのですが、

そこは、地元大井川の森の木で家を建てている育暮家ではちょっと頭をひねります。

木の家には木の自転車置き場が似合います。

というわけで

お勧め木のサイクルポートづくり。

IMG_8957

錆びにくいZAMというプレートをアングルに加工し柱の支えにします。

先ずは、そのアングルを柱の位置に埋め込んで

そこに柱をとめていきます。

今回は3.0m×1.8mの大きさです。

IMG_8937

横に板を張ればナチュラル具合がグーッとまします。

木材に保護塗料で着色したい場合は、建てる前に先に塗っておきます。

IMG_8985 IMG_8984

上の形にできたらお好きな素材の屋根材で葺きましょう。

今回は大波ガルバリューム鋼板で施工です。

さて、いくらでできる?それは次回にさせてください。

木材・アングル材、アングル固定コンクリート、屋根材、塗料、ビスなどの金物

こんな材料に、造る手間です。

DIY、いけますね。

育暮家技術スタッフ

■今月末に完成住宅見学会があります。

こちらから

 

 

 

 

Posted by sample5 2018/07/10/火 12:09 am Category:設計・現場レポート