2018.06.28.木 事務スタッフによるパッシブデザイン ミニ勉強会報告6/26 冷房を考える

今日のパッシブデザイン社内勉強会は、おさらいを兼ねて冷房についてでした。

いよいよ暑さも厳しくなってきたこの季節の勉強です。

 

家庭での電気使用量のうち、冷房の割合は高く思われることが多いのですが、

実際の割合は本当に少なくて、約1割だそうです。

下の円グラフをご覧下さい。

ザックリの家庭で使うエネルギーの使用量なんです。

給湯や照明・家電による電気使用量の方がずっと多いんですね。

エネルギー使用量

冷房は暖房に比べて、1年を通した利用期間が短く、1日の中での使用時間も短めです。

自然の風を利用したり、日除けの工夫をしても追いつかない程暑い時には、無理に我慢して体調を

崩してしまってはいけないので 、エアコンを上手に利用したいですよね。

 

エアコンを購入する際は、機能が多くて冷房がよく効く物を選びたくなってしまいます。

でも断熱性能が高い家でしたら、低い機能でも十分に効いて、消費エネルギーも抑える事が出来ます。

また、良く店頭に表示されているAPFの数値を参考にするのも良さそうです。

APFとは「通年エネルギー消費効率」の事で、値が大きいほど省エネ性が高くなります。

長く使用する物ですので、ランニングコストを考えると、購入時少し高くても

効率の良い製品を選んだ方が良いですね。

そしてエアコンの設置場所も重要なポイントです。
冷たい空気は下へ向かって動きますので、吹抜けの様な場所で中間辺りに取り付けると、

下は冷えても上は暑い状態のままに なってしまいます。

取りつける場所によっては不快な風を受けることに・・

取付ける場所の状況に見合った、省エネ性能の良いエアコンを、適切な場所に取り付ける、

これが省エネと快適への近道という事ですね!

もう一つ、扇風機との併用をお勧めします。

体感温度を下げる気持ちいい風を作りましょう。

私達にエアコン工事を依頼される方が多くなっています。

DSCN3541

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Posted by sample5 2018/06/28/木 08:41 pm Category:育暮家の日々・日常