2018.05.18.金 静岡から「ロンドン、人生はじめます」

ダイアンキートン主演映画「ロンドン、人生はじめますが上映されています。

とは言え首都圏?で残念です。

英国生活雑誌・mr partner 6月号に「小さな家の幸福論」として上記映画の紹介特集が組まれています。

実は、その映画への感想を寄せてください、とご依頼いただき上映に先駆けて試写を見せて頂きました。

なぜ、私に?。それはたぶん育暮家はいほーむすが小さな家に思いを込め力を注いでいることを知ってくださったからかもしれません。

私の映画を見た感想のまとめは、

「今、自分の価値観を満たす家に住んでいますか?」

というこの映画から受けた私への「問いかけ」になりました。

20180518185849-000111111

20180518185849-0001

同じ家族の中でもそれぞれの価値観は多様化する時代になりました。

夫婦であってもお互いの価値観の違いにいらいらしたり、また、

お互いに私の好きなものに囲まれて暮らしたい。そう言われる方も多くなっているような気がします。

そんな中、お互いの価値観の違いを認め合い、うまく折り合いつけて暮らすことが豊かなネクストハーフにつながります。

わがままな暮らし方と思われる方もいるかと思いますが

人生が長くなり、それにつれて家にいる時間も長くなる時代となり

家にお互い(自分)の価値観を添えることと居場所づくりは、充実した日々を過ごす一歩になるように思います。

それはやがて1人になるとき、生きがいとしての備えにもなるのではないでしょうか。

若い時建てた家、親から引き継いだ家。

年齢と共に育まれてきた価値観に合わなくなる場合もあります。

そんな時、どう考えればいいのかのヒントがこの映画が伝えるメッセージの一つのように感じました。

静岡で上映されたらもう一度大きな画面で見てみたいなと思います。

70歳を超え、なお生き方のお手本をキュートに楽しく見せてくれるダイアンキートンの魅力に

男性の私も元気もらいます。

20180518223038-0001

 

 

 

Posted by sample5 2018/05/18/金 11:23 pm Category:育暮家コーチ杉のfoot-path