2019.06.02.日 【お任せ時代の家づくり】その①

IMG_5239

昨年寝室に取り付けた省エネ度の高いわが家のエアコンです。

わが家ではほとんどエアコン利用なしでやってきたのですが

寝室の場所替えをした機会にエアコンをつけましした。

夫婦、二人とも60を超え、温度と健康の関係も知ることになり

無防備な寝室に不安が生じたのでした。

就寝中の脳梗塞も多いのだよって、脅かされたり・・

就寝中の環境改善のためのエアコンですね。

夫婦でこんな動画も作ったこともあり、「転ばぬ先の杖」的な動機なのです。

使い始めると

便利なお任せ機能がありました。

このリモコンはカッコよさはないのですがユニバーサルデザインです。

IMG_5243[1]

数日して、この快適自動と私たちがうまくかみ合っていないんじゃないってことになってきました。

快適自動を押すと女性の声で「快適運転を適温より-1度下げて運転します」

とアナウンスされます。

「適温って、何度?」

私達夫婦は説明書を見るのが苦手?でとにかく「使ってみるファースト」です。

使い方が悪いのかもしれませんが、快適が快適とはなかなかいきませんでした。

寒かったり、暑かったり。

結果、この温湿度計にお世話になりながらエアコンの温度設定をしてみようとなりました。

掛け布団、着衣も替えてみながら・・

私たちの快適度を探して決めることになっていったのです。

今では勘所をつかみ省エネエアコンとうまく付き合えるようになりました。

エアコンの温度感知する位置関係、布団の位置、窓や出入口との関係、部屋の断熱レベルや温度むらなど

検討することは多いかと思いますが、ひとまずOKです。

IMG_5241

最近なにかと増えていく「自動化」。

車も自動化、住まいも自動化‥

高度テクノロジーが暮らしの進化を押し上げ、何かと判断をテクノロジーに

「おまかせ」する時代になっていくんだな感じています。

そんな【お任せ時代の住まい】に対して育暮家はどのように考えていくかを

整理しておいた方がいいなと考えました。

これから少しづつ【お任せ時代の住まい】について気が付いたこと、思ったことを書いてみたいと思います。

 

最近、会合で東京に出かけることも多いのですが

新幹線の駅ホームでこんなCMパネルを見かけました。

IMG_49101

IMG_4912[1]

どんどん、こうなっていくんだよね。

でも、おまかせしすぎると見えなくなることもありそうですね。

本格的お任せ時代到来に、自分なりのおませ度を決めておきたいなと思いました。

 

育暮家の事務所の水は地下水利用です。

この暑さが増す時期からは手押しポンプに子供たちが寄ってきます。

「わが家の省エネ手帳」どうやってここに水が上がってくるの?」

育暮家むぱすの裏の手押しポンプで夢中で遊ぶ子供たちを見ていると、

何かメッセージをっもらった気持ちになりました。

IMG_5289[1]

IMG_E4877

IMG_4944[1]

 

 

 

 

Posted by sample5 2019/06/02/日 01:28 pm Category:育暮家コーチ杉のfoot-path