日射遮薮「遮る」という
パッシブデザイン

パッシブデザインにおいて不可欠な要素になるのが「太陽や風の調節力」です。自然エネルギーをただ採り入れるという発想では季節、時間を通じての心地よさは得られないからです。
そこでもっとも重要になるのが「日射遮蔽」。夏には通風も大切ですが、それよりもまずきちんと日射を遮り、室温を上げる原因となる「熱」を家の中に持ち込まないようにすることが「心地よい夏の暮らし」をつくる基本になります。私達の実践例からご紹介します。

日射遮蔽のための技術

しっかりと軒を出す 軒やひさしを出すことは日射遮蔽技術の基本。

和光の家

和光の家 | 十分な軒の出は、雨の多いわが国の家の基本。そしてそれは日射を遮る部材にもなるのです。

 

外付けの日射遮蔽部材 日射遮蔽は窓の外で行うのが効率的。落葉樹等の庭木で日差しをやわらげたり、特に西・東側の窓には日射対策部材を取り付けることが必須。

浪町の家

蓬莱の家 | 庭もパッシブデザインの重要な場所。植物が日差しを柔らかくしてくれます。

大岩本町の家

大岩本町の家 | すだれを使ってのオーニング。
育暮家むぱすの西日を受ける窓に外付けルーバーをつけた

 

内付けの日射遮蔽部材窓の内側に設ける障子、カーテン、ブラインドなどは、 日射遮蔽部材としてよりも、日射調整や断熱性向上を 図るものとしてとらえたほうがよい。

 

日射吸収率の低い屋根にする 日射反射率の高い材料や仕上げをすることは効果が大きい。 通気層を設けることで排熱させる

青木の家

 

断熱性能の高い窓にする 断熱性能の高いサッシは日射熱を室内に伝えにくい。日射を透過しいくいガラスを使う。(遮熱型Low-Eガラスなど)

向敷地の家

 

パッシブデザインを もっとわかりやすく解説する本

パッシブデザインについて私達の家づくりを例にとって分かりやすく解説しました。家づくりを始める前に是非目を通してほしい本です。
パッシブデザイン普及で全国を飛び回る野池政弘さんと一緒につくりました。

パッシブデザインBOOK をご希望の方はこちらから
育暮家 パッシブデザイン BOOK

パッシブデザインをさらに詳しく知る