OMソーラーはほっこりと気持ちよくて、おもしろい

私たちは「OMソーラーの家」をつくり続けています。それはなぜか? まず何より、住まい手さんにとても評判がよいことです。なんともいえない「ほっこりとした暖かさ」があると言ってもらえます。そしてその暖かさが、地下資源や電気を使わず、太陽エネルギーを使っているというところも理由になっていると思います。心の底からその暖かさが満喫できるということなのでしょう。私たちも「自然」や「環境」をずっと大切にしたいと思っているので、そんなOMソーラーを正直な気持ちでお勧めできます。みんなの身体も心も「気持ちよく」してくれるところがOMソーラーの魅力です。
もうひとつの理由は、奥が深いことです。とてもシンプルなシステムなのですが、とても奥が深いのです。その奥深さの理由は「OMソーラーは建築と一体になったシステムである」というところにあります。

OMソーラーの家

一般的な暖房は、化石燃料や電気のエネルギーを使って「その時間だけ」「その部屋だけ」を暖めるものです。しかしOMソーラーは違います。 太陽エネルギーという「少々気まぐれなエネルギーを使っている」というところがまずひとつ。次に「蓄熱」という技術を使っていて、「昼間得られた熱を夕方以降にも持ち越す」という発想であるというところが次の違い。そして最後の違いは、「建物全体を暖める」という発想が基本になっているところです。

OMソーラーの家

こうした特性と発想をもったOMソーラーをうまく使いこなそうと思えば、それを単なる暖房設備やエネルギー発生装置と考えてはいけません。ただ設置すればよいのではなく、OMソーラーと一緒に建物の断熱、蓄熱、プランなどを考えていく必要があります。しかしそれがうまく行ったとき、ほっこりと暖かい、とても気持ちの良い空間が生まれるのです。 いま、太陽光発電や燃料電池、省エネ型給湯器など、様々な「エコ設備」が登場しています。しかしそんな設備を使ったからといって、「気持ちのよい空間」が得られることは保証されません。私たちがOMソーラーの家をつくり続けているのは、環境にやさしいことはもちろん、それが「気持ちのよい空間」を生み出すものであると知っているからなのです。それをつくるのが私たちの本分ですから…。

育暮家はいほーむすが考える OMソーラー10のおもしろさ

OMソーラー10のおもしろさ

OMソーラー10のおもしろさ

OMソーラーの仕組み

メンテナンス

私達は出来るだけ設備に頼らない家づくりをお勧めします。
それは、設備には必ずメンテナンスや故障取り替えなどが発生します。
新築時には家一体で捉えて見ずらい設備コストが取り替え時には重い負担となって表れる現実を見ているからです。
再度私達の家づくりの基本④をお読みいただきたいと思います。

家づくりの基本