2017.08.05.土 古民家のリノベーションで新築に生かす知恵を。

現在、明治、大正時代の古民家のお住まいをリノベーションしています。

工事の第一目標は寒さの解消です。

この暑さの中、寒さの解消と言ってもタイムリーではないですね。

でも、今やっている工事がこの冬に生かされます。

IMG_3997

現場では断熱材を施工するに当たり結露や気密、断熱区画、納まりなど

古民家ならでの難しさがあり、悪戦苦闘しています。

特に断熱材の連続性などです。床壁天井と途切れなく施工されなければなりません。

それが幸いになって、断熱施工についてみんなが学ぶ機会になっています。

IMG_4250

家を維持していく中、何度か改修がされていきます。

この梁は増築時に粗く削られていましたので、改めてのみを当てました。

IMG_4289

曲がった梁のかけ方からは力の伝達について学ぶことが多いです。

現場でみんなが集まってその技術を確認しあいます。

結構、楽しい時間です。

完成まではもう少し時間が必要です。

完成したら分からなくなる?断熱や構造補強を現場で検証し

技術スタッフのスキルUPにつなげていきます。

藤枝、静岡の現場より

技術oota、koitabashi。

 

Posted by sample5 2017/08/05/土 07:54 pm Category:設計・現場レポート