2017.07.27.木 事務員のパッシブデザイン 『事務所の夏』

育暮家ハイホームスの事務所には、夏排気を目的とした高窓が北面の壁にあります。

DSCN2875

部屋の暖かい空気は上へと向かっていきます。

その暖かい(暑い)空気を上手に逃すように、この高窓が活躍しています。

南からの涼しい風を事務所に採り入れて北の高窓へ流れていくと、

心地よい風が事務所の中を吹抜けます。

 

事務所では、基本的に春から秋の間はこの窓を開けたままにしていますが、

暑さが厳しい日にはエアコンを使用する為にこの窓を閉めます。

外に庇があるため雨の侵入に対する用心は台風以外していません。

この高窓は3mの棒を使って開け閉めしてきました。・・が

高い所にある窓ですので、いざ閉めようとすると、長い棒のためか

力がうまく入らなかったりで、なかなかの苦労です。

そこで窓の両端にチェーンを付けて手動で開閉できるオペレーターを

建具屋さんにつけていただきました。

高窓

写真の赤い矢印の先にあるチェーンが見えますでしょうか?

窓の左端についているチェーンが右側の窓につながっているので、

引っ張ると右の窓が開きます。

また、右端についているチェーンも右の窓につながっていて、

引っ張ると先程開いた右の窓が閉まります。

(左の窓は動かしません、網戸のこともあって)

特別な力も必要なく、簡単に開閉できるようになって感動!です。

ちなみに要したコストは2か所で約¥40.000でした。

 

パッシブデザインは、日本の四季を大切に考えています。

暑い季節は暑いなりに、ひと手間かけてあげる事で快適に過ごせるように工夫できます。

最新の設備で機械に頼って快適な生活を得る方法もありますが、ちょっと人の手を

かけてあげることで、設備の設置や維持管理、修繕を必要としなくても

四季を楽しみながら過ごすことができます。

ちょっとした工夫、考えるのもだんだん楽しくなってきました!

パッシブデザインについてはこちら

 

★もうひとつ育暮家の夏のアイテム

無双引き戸をご紹介ます。

無双の窓

これは先ほどの高窓に風を呼び込む入口の引き戸ですが

目隠しも必要な事務所ですので昔ながらの無双の知恵を活かして、隙間を調整しながら

目線も風も光も調整しています。※写真は全開の様子です。

★ 夏といえば 八百屋「本陣」さんのお店です

DSC_4604

パッシブデザインを駆使して昔ながらの売り方で光る、八百屋さんです。

こちらから

2016年に育暮家ハイホームスの設計施工の建物です。エアコンのないお店の体験しながら

新鮮なお野菜はいかがでしょうか。

DSCN2841

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはむぱすの里山ガーデンです。暑くて草花も大変な夏、

熱帯化する日本の気候に夏の植物も変わっていくのですね。さあ、草を抜かなくては、、mmm

 

 

Posted by sample5 2017/07/27/木 02:06 pm Category:スタッフダイアリー