ikubouya
生活を慈しみ、愛情と手間をかけながら、
家が家族を育み、家族が家を育んでいく。
年を追うごと心地よさ、愛着が増していく。
そんな家と人との[育暮家」
育暮家 それは家づくり
育暮家 それは暮らし方
育暮家 私たちみんなが「育暮家」

大切なものを残してゆく住まいをつくりたい

失ってから気がつく「大切なもの」。
このことを私たちは立ち止まって、しっかり考えたいと思います。
そうして、今なら間に合うこと、今の私たちにできることを
一つ一つ確認し、それを着実に「かたち」にしていきたいと思っています。

育暮家の家づくりの基本

  • 基本1

    お客さまと共有する
    5つの価値判断基準を大切に
    家づくりに取り組みます。

  • 基本2

    「7の育む」の実現で
    私らしい暮らしづくりを
    実現していきましょう。

  • 基本3

    小さな工務店だから
    住まい手さんと一緒に考え
    悩みながら前に歩いて行きます。

  • 基本4

    家づくりの最終目標へ
    私達が信じる優先順序に
    そって進めていきます。

基本 1

お客さまと共有する5つの価値判断基準を大切に
家づくりに取り組みます。

私たちは家づくりの仕事を始めて30年になります。
お客様の「大切にしたい」ことを確認しながら家づくりを進めてきました。
そして、どのお客様にも共通する「5つの言葉」に出会いました。
家族・健康・自然・笑顔・感謝
お客様が家づくりで目標としていることが伝わってきます。
この目標は家づくりと暮らしづくりで実現します。
この5つの言葉は私たちの設計や現場に於ける価値判断基準になっています。
設計や現場で迷うことがあればこのお客様と共有するキーワードで判断し行動します。

家族・健康・自然・笑顔・感謝
基本1
基本 1

「7の育む」の実践で私らしい暮らしづくりを
実現していきましょう。

私たちはふるさと大井川の森の木で家をつくります。
そして、太陽の熱や光、そして風を取り込むパッシブデザインの技術と
職人さんの手技を住まいづくりに活かします。
育暮家の家づくりは7つの「育む」をテーマにしています。
それぞれの「育む」が繋がって育暮家の家づくりは成り立っています。
本当の家づくりは「建ててからが始まり」です。
手をかけ時間をかけ私らしい家と住まいが出来上がっていく為の
お手伝いをおしみません。

私らしい暮らしづくり
感謝・笑顔・健康・手技・風土・地域・未来
基本 3

小さな工務店だから住まい手さんと一緒に考え
悩みながら前に歩いて行きます。

住まい手さんや地域にとって必要な存在であり続けるためには、これから、どうあるべきなのかみんなで議論します。
小さな工務店だから、出来ること、できないことがあります。
出来ないこともあきらめないで取り組みつづけ、私たちにしかできないことには力の限り磨きをかけます。
小さな工務店でも、街のこと、環境のこと、子どもたちの未来について、深く、真剣に考えるべきだと思います。
私たちは小さな工務店だから、「なんでもおまかせください」とは言えません。
でも、組織が大きいから、人が多いから、「なんでもやりますよ」の家づくりが、必ずしも正しいとも言えません。
ほんとうに良いことなのか、悪いことなのか。
その結論をきちんと出さないうちに、住まい手さんの求めに、無条件でうなずいてはいけないとも思います。
スピードを要求されたとしても、手間をかけるべきところを、効率的にすませてはいけないし、
慣れているからと私たちのやり方を、押し付けてはいけないと考えます。
考えないですむ道を、簡単に選んではいけないし、問題が出たら正直に話すことを大切にしていきます。

基本 4

反省を活かし、家づくりの最終目標へ、
私達が信じる優先順序に沿って進めていきます。

急速な設備の普及とエネルギー消費


昭和40年代初期、台所に小さなガス湯沸かし器が入ってきました。
ひねればお湯が使えるなんて夢のような出来事でした。それからはお風呂に洗面所に便利な設備が一気に広がっていきました。あたかも設備の進化だけが快適な住まいをつくるかのような誤解を生んだ時期かも知れません。
気がつけば家の性能改善は後回しに。というより私たちも断熱、気密の認識や技術が乏しかった為、多大なエネルギーを消費する家と暮らしを増やし続けてしまいました。なんとこの30年間で家庭で消費するエネルギーは、1985年ごろと比較して2倍にまで増大してしまったのです。

高設備は高リスク


住宅設備は電化が進むにつれ多様化し、複雑化していきました。多様化は単に設備ハードや機能だけでなく、エネルギーやライフスタイルにまで及びました。目に見える“便利”は確かにうれしいものでした。しかしエコ、省エネ、この言葉が先行する高設備の暮らしには落とし穴がありました。設備のメンテナンスが始まるのはだいたい7年から15年あたりからです。その時期は外壁などのメンテナンスに加え、子育て世代には教育費などの出費と重なるタイミングとなり、リタイヤを迎える世代には更なる設備投資に迷いが生じます。どちらも高額な設備更新を前にして足踏みする光景を何度も目にしてきました。高額の最新設備に囲まれた暮らしは、こうした潜在的リスクを抱えるという現実を無視できないと思うようになりました。設備は過剰にならないように計画することが鉄則だと思います。

パッシブデザインの要素を加えながら


家の性能を上げいく時代へ
断熱性能が不十分な住まいではまず、断熱改修が必要です。冬、熱が逃げにくい夏、熱が入りにくいといった断熱性能の良い家は温めたり、涼しくしたりする設備をするにしても小さなものですむのです。また、自然と応答するパッシブデザインの技術を駆使することでさらに自然の力を活かして快適性を増すことが可能です。住宅の断熱基準は平成11年に見直され、そして平成25年に大きく改正されました。しかし、現実には住宅現場が今ようやく平成11年基準に追いついて来たところです。その状態でさらに新しい基準に取り組まなければなりません。そんな中、育暮家では早くから性能ガイドBOOKをつくり、パッシブデザインで地域一番になろうと温熱やパッシブデザインの勉強を積んできました。今、その強みを活かす時が来たと感じています。

パッシブデザインとは

育暮家の家づくりの最終目標とは


循環型社会の構築は世界共通目標です。この先化石燃料に依存しない新しいエネルギーの開発、活用は大きく進歩していくと思います。ゼロエネ、創エネ、無暖房、無給湯。OMソーラーも新しい時代の中で生まれ変わることを求められるかもしれません。動力となるエネルギーで設備のありようは変わって行きます。もちろん、住宅設備が移り変わろうと家づくりの基本は決して揺らぎません。私たちは、まず、1985年代のエネルギー使用量で済む家を目指します。その上で日本らしい暮らし文化により育まれる住まいこそを育暮家の家づくりの最終目標とし、幸せなふるさとの家を増やして行きたいと願います。

日本らしい暮らし文化により育まれる住まい